カラフルなキャンドルを作る方法

カラフルなキャンドルを作る方法

キャンドルにはさまざまな種類があるため、用途やシーンに応じて選べるのが魅力のひとつです。

シンプルなデザインをしているキャンドルもあれば、インテリアのアクセントにもなるカラフルなキャンドルもあります。

では、カラフルなキャンドルを作るには、どのようにしたら良いのでしょうか?

カラフルなキャンドルの魅力とは?

色の鮮やかさが特徴的なキャンドルは、そのカラフルさが魅力的で、グラデーションキャンドルとも呼ばれています。2色以上の色を使用しており、虹色のようになっているため、華やかさがあるキャンドルとして人気です。

カラフルな色は、クレヨンを使って色付けするのが一般的となっています。では、その作り方をみてみましょう。

カラフルなキャンドルの作り方とは?

カラフルなキャンドル、つまり、グラデーションキャンドル作りに必要な材料は、ろうそく、芯、容器、割りばし、クレヨン、鍋です。まず好きな色のクレヨン(この色はキャンドルの一番下になります。)とロウソクを細かく削ります。

ロウを湯銭で溶かし、溶けてきたらクレヨンを入れて、全体に色が馴染むように混ぜます。溶かしている間に、割りばしの先に芯を固定し、容器の中央に設置しておきます。

ロウとクレヨンが混ざったら容器に流し込みます。20分程度経過するとロウが固まってくるため、ロウと異なる色を溶かし、流し込む作業を何度か繰り返します。

つまり、色に変化を与えカラフルにしていきます。数回繰り返すことでカラフルなキャンドルが仕上がります。

キャンドル資格取得を目指し本格的なキャンドル作りを学んでみよう!

諒設計アーキテクトラーニングでは、キャンドルマイスターデザイナーキャンドルインストラクターの2資格取得を目指しつつ、さまざまな種類のキャンドルを制作の知識とスキルを身に付けられる「キャンドルデザイナーW資格取得講座」を提供しています。

キャンドル作りが初めての方でも安心して学ぶことができるよう、キャンドルの基礎知識から始まり道具の使い方、さまざまな種類のキャンドルの知識と制作方法を、付属のキットで実際に作りながら学べるような講座となっています。

もし分からないことがあった場合には、何度でもプロに質問できる質疑応答サポート体制も整っているのが魅力のひとつです。講座受講を検討してみるのはどうでしょうか?

まとめ

カラフルなキャンドルは、異なる色のクレヨンを使うことによって作れるようになっています。ロウとクレヨンを溶かす作業を何度も繰り返す必要がありますが、その分カラフルで魅力的なキャンドルを完成させることができます。

さらに異なるタイプのキャンドルを制作を学びたい方は、諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講すると良いでしょう。

キャンドルデザイナーW資格取得講座