キャンドルデザイナー資格

キャンドルデザイナー資格

市販のキャンドルを購入して楽しむのもひとつの方法ですが、自分で手作りするキャンドルは愛着がわき、インテリアに合った自分好みのキャンドルを作れるのが魅力です。

近年ではキャンドルを手作りする女子も多く、資格取得を目指しつつ本格的に学んでいます。

では、すでに多くの方に人気のキャンドルデザイナーとはどのような資格なのか、見てみましょう。

キャンドルデザイナー資格とは?

キャンドルデザイナー資格は、日本デザインプランナー協会が主催している民間資格です。スタンダードタイプのキャンドルだけでなく、カラー使いやデザインに工夫を施せ、お客様のイメージに合ったキャンドルを作られるスキルが求められています。

認定試験では、キャンドル制作に必要な材料、さまざまなキャンドルの特徴、キャンドル製作の工程などの知識が出題されます。

キャンドルデザイナー資格の評判とは?

キャンドルデザイナー資格の取得を目指すことで、本格的にキャンドル制作について学べるようになっています。そのため、自分のためにキャンドルを作ることはもちろん、手作りキャンドルをプレゼントすることも可能になります。

また、最近はキャンドルのリラックス効果が注目されており、癒しを求める女性に欠かせないアイテムとして需要が伸びています。それに伴い、手作りキャンドルを制作し、販売することでビジネスをしている方も増えています

キャンドルデザイナー資格を取得するには?

キャンドルデザイナー認定試験は、インターネット環境が整っていれば自宅での在宅受験が可能となっています。認定試験は年に6回、2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に行われています。

受験の申し込み手続きは、日本デザインプランナー協会のホームページで行い、受検資格はありません。つまり、誰でも自由に受験することが可能です。

受験費用は税込み10,000円で、申し込みの際に記入した住所に回答用紙が届いた際に支払うシステムとなっています。

まとめ

受験資格がないのが魅力的な認定試験ですが、試験を合格するためにはしっかり勉強して臨む必要があります。そこでおすすめのツールは、資格試験に対応している通信講座を受講することです。

諒設計アーキテクトラーニングでは、資格取得を目指した「キャンドルデザイナーW資格取得講座」を提供しています。

キャンドルデザイナー資格