資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

キャンドルを灯すことは、気持ちが落ち着き、ゆったりとした気分になる効果が期待出来ます。

そのような癒しの効果があるとされるキャンドルですが、これを手作りする方が近年増えています。

そのせいか、今キャンドル資格が注目されています。キャンドル資格を取得するため、どのように勉強したら良いのでしょうか?

キャンドル資格の勉強におススメの学習方法とは?

キャンドル資格にはいくつかの種類があります。独学でキャンドル資格の取得を目指したり、本屋などで販売されている書籍を購入したり、カルチャースクールなどに通い学習することも可能です。

しかし、それらはキャンドル認定試験の直接的な対策にはなりません。では、どのように勉強すれば良いのでしょうか?

それには、認定試験に対応している通信講座を利用することで、効率よく認定試験の対策となり、本格的にキャンドル制作についての知識とスキルを学べるようになっています。

キャンドル資格に対応している通信講座とは?

キャンドル資格に対応しているおススメの通信講座のひとつに、「諒設計アーキテクトラーニング」の「キャンドルデザイナーW資格取得講座」があります。

この講座は、日本デザインプランナー協会が主催の「キャンドルデザイナー」と、日本インストラクター協会主催の「キャンドルアーティスト」の2資格に対応した講座内容を提供しています。

「キャンドルデザイナーW資格取得講座」で学べることとは?

キャンドルデザイナーW資格取得講座では、初心者からでも、オリジナルキャンドルが制作できるレベルの知識や製作スキルを習得可能です。

まずキャンドルの基礎知識から始まり、道具の使い方、さまざまな種類のキャンドル、そして、キャンドルの制作方法についてひとつずつ学んでいきます。

セットの付属品を使い、テキストに沿って実際にオリジナルキャンドル製作を楽しみながらカリキュラムが進んでいくため、確実にスキルが身につくようになっています。

講座内容で分からないことがあるような場合には、プロに直接質問できる質疑応答サポート体制も整っているため、安心して受講できるという魅力もあります。

毎日30分の学習で6ヶ月、少し早めのスピードで学習を進めることで、最短2ヶ月という学習期間で2つのキャンドル資格が取得できるおススメの講座となっています。

まとめ

キャンドル資格の勉強におススメの学習方法は、諒設計アーキテクトラーニングの「キャンドルデザイナーW資格取得講座」を受講することです。この機会に講座の受講を検討してみてはいかがでしょうか?

キャンドルデザイナーW資格取得講座