資格の難易度と勉強方法

資格の難易度と勉強方法

キャンドル資格を保有していなくても、ハンドメイド市場で販売することは可能です。

しかし、資格を取得していることで、アピールによってはお客様から信頼を得られるようになる場合があり、それによって売り上げアップにも繋がるでしょう。

では、キャンドル資格取得は難しいのでしょうか?どのように勉強すればよいのか、見てみましょう。

キャンドル資格とは?

民間団体が認定しているキャンドル資格にはいくつかの種類が存在していますが、その中でもおススメのキャンドル資格は、日本デザインプランナー協会主催の「キャンドルデザイナー」と日本インストラクター協会主催の「キャンドルアーティスト」です。

なぜなら、受験資格がなく誰でも自由に受験することが可能だからです。では、その難易度はどうなのでしょうか?

キャンドル資格の難易度

「キャンドルデザイナー」認定試験の難易度はどのくらいなのでしょうか?この認定試験は日本デザインプランナー協会の公式ホームページで申し込み手続きし、自宅での在宅受験となっています。

試験は年に6回偶数月に実施しています。合格基準は70%以上なので、比較的合格しやすい資格と言えるでしょう。では、「キャンドルアーティスト」の難易度はどうなのでしょうか?

この資格もキャンドルデザイナー同様、主催者の公式ホームページで申し込み手続きし、自宅でも受験となっています。

合格基準は70%以上なので、比較的合格しやすい認定試験と言えますが、より確実に合格するためには、しっかり勉強して臨みましょう。

キャンドル資格の勉強方法とは?

キャンドル資格のおススメの勉強方法は、資格試験に対応している諒設計アーキテクトラーニングの「キャンドルデザイナーW資格取得講座」を利用することです。

この講座は、キャンドルデザイナーとキャンドルアーティストの2資格に対応しており、テキストに沿って実際にキャンドル製作をしながら、楽しく学べる内容になっています。

分からないことがあった場合に、いつでもプロに質問できる質疑応答サポート体制も充実しているため、安心して受講できるのも人気の秘密と言えるでしょう。

まとめ

キャンドルデザイナーとキャンドルアーティストの2資格は、合格基準が70%以上なので比較的合格しやすい認定試験となっています。

また、受検資格がなく誰でも自由に受験できるというポイントもあります。しかし、合格するためにはしっかり試験勉強して臨む必要があります。

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講することによって、効率よく試験勉強することができます。

キャンドルデザイナーW資格取得講座