長時間燃えるキャンドルの作り方

長時間燃えるキャンドルの作り方

キャンドルの炎の揺れには癒しやリラックス効果があるため、自宅でキャンドルナイトを楽しみ毎日の疲れを癒している方が近年増えています。

それに伴い、自分でオリジナルのキャンドルを作り趣味として楽しんでいる女性も少なくありません。

では、長時間燃えるキャンドルを作るにはどのようにしたら良いのでしょうか?

同じ大きさに見えるキャンドルでも燃焼時間が違うのはなぜ?

同じ大きさに見えるキャンドルでも燃焼時間が異なる理由は何でしょうか?

それは、糸芯に違いがあることが考えられます。つまり、キャンドルの燃焼時間は、糸芯が関係しているということです。

糸芯が細ければ細いほど、吸い上げるロウの量が細くなるので、キャンドルを長時間燃やすことが可能となります。

長時間燃えるキャンドルの作り方とは?

長時間燃えるキャンドルの作り方は、基本のキャンドル制作方法と同じです。つまり、芯選びにすべてがかかっているので、慎重に選ぶことが大切です。

では、長時間燃えるキャンドルを作るために、どのような芯を選ぶと良いのでしょうか?

それは糸芯が細い芯です。細い芯は、ロウを吸い上げる力が弱まるので炎は小さく、ロウ壁は厚くなる傾向があります。

そのため、長期間燃やしてもロウの壁が厚いまま炎が深く下がるので燃焼効率は低下しますが、弱い炎で長く燃え続けることができます。

したがって、長期間も得るキャンドルを作りたい場合は、細い芯を選ぶようにしましょう。

キャンドルの知識と技術が学べる通信講座

諒設計アーキテクトラーニングでは、キャンドルの知識と製作技術が身に付く「キャンドルデザイナーW資格取得講座」を提供しています。

この講座は日本デザインプランナー協会主催の「キャンドルデザイナー」と、日本インストラクター協会主催の「キャンドルアーティスト」の2認定試験の対策にも有効な講座内容となっています。

キャンドル作りが初めての方でも安心して学べるよう、教材セットの付属品を使用し、実際にキャンドルを作る過程を通して、しっかりと技術が習得できるようにカリキュラムが構成されています。

キャンドルの知識と技術を本格的に学び、魅力的なハンドメイドキャンドル作品を制作してみませんか?

まとめ

長期間燃えるキャンドルを作るためには、細い糸芯を選ぶのがポイントです。

このようなキャンドルの知識は、諒設計アーキテクトラーニングの講座で学べるようになっています。まずは無料の資料請求をしてみましょう。

キャンドルデザイナーW資格取得講座