キャンドルの正しい扱い方

キャンドルの正しい扱い方

近年、キャンドルの癒しやリラックス効果を求め、自宅でキャンドルナイトを楽しむ方が増えています

市販のキャンドルでも楽しめますが、自分で手作りしたキャンドルなら、さらにゆったりとした贅沢なひと時を過ごせることでしょう。

その際に注意したいのが、キャンドルの扱い方です。では、キャンドルの正しい扱い方についてみてみましょう。

キャンドルを使用する際には”換気”すること!

自宅でのキャンドルナイトを快適に過ごすためには、時々、空気を換気する必要があります。なぜなら、閉め切った部屋でキャンドルを使用していると、一酸化炭素中毒を引き起こす危険性があるからです。

換気扇を回すこともできますし、窓を開けることによって、それを防ぐことが出来ます。

窓からの自然の風やエアコンの風などは、その向きによって灯がゆらいだり、キャンドルの種類によっては転倒の恐れもあるため、キャンドルを置く場所も考慮しつつ、癒しのひと時を過ごすようにしましょう。

アロマキャンドルの香りをキープさせる正しい使い方

アロマキャンドルを使用する場合も、換気をする必要があります。

また、アロマキャンドルの最大の魅力である香りをキープさせるため、火を灯して約1時間程度経過したら一度消します。そして、15分程度経過してから、再度灯をつけることで、アロマの香りと燃焼効率をアップさせることができます。

また、炎を調整することも香りと関係があります。芯を短くすると炎は小さくなり、芯を長めに出せば炎は強くなり、香りもそれに比例してきます。

これらの点を押さえることで、アロマの香りをより楽しめるようになるでしょう。

キャンドルについて一通り学べる通信講座

諒設計アーキテクトラーニングでは、日本デザインプランナー協会主催の「キャンドルデザイナー」と、日本インストラクター協会主催の「キャンドルアーティスト」の2資格の試験対策が可能な「キャンドルデザイナーW資格取得講座」を提供しています。

この講座は、初心者の方でも安心して受講できるよう分かりやすいカリキュラムが構成されており、実際に教材セットの付属品を使用して、実際にキャンドルを作りつつ技術を身に付けていきます

学習中にわからないことがあった場合には、何度でも専属のプロに質問できるといった、質疑応答のサポート体制も充実しているのも魅力のポイントです。

毎日30分の学習なら通常6ヶ月、少し早めのペースで学習を進めれば最短2ヶ月で資格取得が可能です。資格取得を目指し、受講を検討してみませんか?

まとめ

キャンドルを制作したら、正しい方法で楽しみましょう。キャンドル制作について本格的に学びたい方は、諒設計アーキテクトラーニングへ、まず無料の資料請求をしてみませんか?

キャンドルデザイナーW資格取得講座