キャンドルアーティスト資格

キャンドルアーティスト資格

近年女性を中心に、キャンドルがもつ癒し効果が注目されています。それに伴い、オリジナルキャンドルを手作りする人も増え、キャンドル教室などのカルチャースクールで人気となっています。

すでにキャンドルを楽しんでいる方や、キャンドルに興味がある方は、講師として活躍することもできるキャンドルアーティスト資格取得を目指し、キャンドルについてより本格的に学んでみるのはいかがでしょうか?

キャンドルアーティスト資格とは?

キャンドルアーティスト資格は、日本インストラクター協会が実施している民間資格です。

ラウンド、スパイラルなどのベーシックキャンドルの種類をはじめとし、フローティングキャンドル、グラスキャンドル、ディナーキャンドル、カップキャンドル、モチーフキャンドルなどさまざまな種類のキャンドルの知識と制作スキルが求められている資格です。

キャンドルアーティスト資格の評判とは?

キャンドルアーティスト資格は、アドバイザーとしても活躍できる講師資格も兼ねています。そのため、資格を活かしてキャンドルの使い方や作り方、その人やシーンに合ったキャンドルの種類を紹介することも可能になります。

つまり、キャンドルのプロとして活躍できる資格と言えるでしょう。また、資格をアピールし、制作したキャンドルを販売し、キャンドル作家として活動している方も少なくありません。

キャンドルアーティスト資格を取得するには?

キャンドルアーティスト認定試験は、誰でも自由に受験することが可能です。

インターネット環境が整っていれば、自宅で受験の申し込み手続きをし、自宅での受験を採用しているので、家から出ることが難しい方や地方に住んでいる方でも気軽に申し込みができるでしょう。

認定試験は年に6回、2ヶ月ごとの偶数月に実施されています。受験費用は税込み10,000円で、申し込みの際に記入した住所に回答用紙が届いた際に費用を支払うようになっています。

まとめ

キャンドルアーティスト認定試験は、特に受検資格がないのも魅力的な資格です。しかし、しっかり勉強して臨む必要があります。

そこでおススメの勉強ツールは、資格試験に対応している通信講座を利用することです。諒設計アーキテクトラーニングの「キャンドルデザイナーW資格取得講座」では、それが可能です。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

キャンドルアーティスト資格