ネット通販でキャンドルを売る方法

ネット通販でキャンドルを売る方法

インターネットの普及に伴い、ネット通販やアプリを利用したショッピングマーケットは年々拡大しています。

その中のひとつであるハンドメイド市場も、テレビCMが流れるほど知名度がアップしています。

ハンドメイド作品にはキャンドルも含まれており、人気アイテムの定番の一つとなっています。では、ハンドメイドキャンドルを売る方法について、見てみましょう。

ネット通販で稼げるハンドメイドキャンドル

近年、ネット通販を利用し、自分の作った作品を販売し作家として活躍している方が増えています。特にハンドメイド作品だけを扱っているWEBサイトやアプリなどを使うことで、効率よく売買することが可能です。

なぜなら、ハンドメイド作品を求めているお客様が利用するので、すでに顧客ターゲット層が集まっているからです。

もちろん、どのようなキャンドルを出品するかによって稼げる金額も異なってきますが、オリジナリティに溢れたキャンドルを制作することで、著作権にも触れること無く、安心して販売できるでしょう。

価格の付け方とは?

では、ネット通販でキャンドルを売る際、どのように価格を設定すると良いのでしょうか?

売れる価格に見合ったキャンドルを販売するために、まず先に販売価格を決めることがポイントです。その販売価格が、サイズの調整、使用するカラーの数、香りの質、デコレーションの材料、ラッピングなどが選ぶ時の基準になります。

また、キャンドルが燃焼した後でも、インテリアとしての価値がある作品であれば、付加価値も価格に含めて値段を設定し、販売することが可能です。

キャンドル資格があると売り上げがアップする?!

ネット通販でキャンドルを販売する際、お客様と直接顔を見て会話をすることはできません。そのため、お客様から安心感や信頼感を得るためには、キャンドル資格を取得し、それを販売する際にアピールすることはメリットが大きいでしょう。

一般的にお客様の多くは、第三者が認定するキャンドル資格を保有していることで、客観的な評価によって信頼出来る売り手であると評価してくれる場合が多いです。

そのため、同じような作品が販売されてい場合には、資格を保有している出品者により大きな魅力を感じるでしょう。

つまり、資格を保有していることは売り上げアップにもつながります。そこでおススメのキャンドル資格は、誰でも自由に受験することが可能な日本インストラクター協会主催の「キャンドルアーティスト」です。

ネット通販でキャンドルを売ることを考えているなら、資格取得を目指してみませんか?

まとめ

ネット通販でキャンドルを売りビジネスを成功させるためには、キャンドル資格が役立ってくれます。

諒設計アーキテクトラーニングのキャンドル講座を受講することによって、キャンドルアーティストとキャンドルデザイナーの2資格の取得が可能です。まずは無料の資料請求をしてみましょう。

キャンドルデザイナーW資格取得講座