割れたキャンドルを修復する方法

割れたキャンドルを修復する方法

キャンドル制作に細心の注意を払っていても、キャンドルが割れてしまうことがあります。

このような時、今までの努力が無駄になってしまった…と感じてしまうでしょう。

このような場面に備え、割れてしまったキャンドルを修復する方法をマスターしておいた方が良いかもしれません。では、割れたキャンドルを修復する方法についてみてみましょう。

割れたキャンドルを修正するには?

手作りしたキャンドルが割れてしまった時、修復するにはどのようにしたらよいのでしょうか?

そのような時、まずは割れてしまったキャンドルを細かくカットします。それを鍋に入れ湯銭でロウを溶かします

そして、真ん中にキャンドルの芯をセットした別の容器に、溶けたロウを流し込み、それが冷えて固まるまで待ちます。キャンドルの芯が真ん中になるよう、割りばしを使って芯を固定させると良いでしょう。

もし割れたキャンドルの芯が再利用できない状態の場合、タコ糸で代用可能です。割れてしまった容器は元の状態には戻せませんが、割れたキャンドルは別の容器へ修復することで、再び楽しめるでしょう。

アロマキャンドルの修正方法

アロマキャンドルの魅力は、何といってもその香りです。アロマキャンドルが割れてしまった場合、基本の修復方法と同じ方法で、形は直せるようになっています。

ただこの時、湯せんでロウを溶かしている間に、アロマ成分が蒸発し、香りが飛んでしまうことが予想されます。

ロウの温度が高くなればなるほど、香り成分が無くなってしまう可能性は高くなります。

そのため、新たにアロマオイルや香水などの香り成分を加えることで、アロマキャンドルをもう一度楽しむことができるようになるでしょう。

キャンドルについて学べる諒設計アーキテクトラーニングの講座

「諒設計アーキテクトラーニング」では、日本デザインプランナー協会主催の「キャンドルデザイナー」と、日本インストラクター協会主催の「キャンドルアーティスト」の2つの認定試験に対応している「キャンドルデザイナーW資格取得講座」を提供しています。

この講座は、初心者の方でも安心して受講できるようカリキュラムが構成されています。また、学習中にわからないことがあった場合でも、何度でも専属のプロに質問できるといったように、サポート体制も充実しています。

通常6ヶ月、最短2ヶ月で資格取得が可能です。資格取得を目指し、受講を検討してみるのはどうでしょうか?

まとめ

キャンドルが割れてしまっても、キャンドルの制作方法がわかっていれば、容易に修復することが可能です。

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講することで、キャンドル製作に関して、一通りの事が学べる内容となっています。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

キャンドルデザイナーW資格取得講座