小さなキャンドルを作るポイント

小さなキャンドルを作るポイント

キャンドルには色々な種類があり、その大きさも小さいものから大きいものまで、様々です。

そのため、用途や目的、シーンに応じて使い分けられるのが、キャンドルの魅力のひとつと言えるでしょう。

小さなキャンドルの場合、小物と飾ることでその魅力を際立たせることもできます。では、小さなキャンドルを作る際のポイントとは何でしょうか?

大きさに合った芯を選ぼう!

小さいキャンドルを作る際には、その大きさに合った芯選びをすることがとても重要です。なぜなら、芯の太さにより火の大きさが変わってくるからです。

小さくて可愛らしいキャンドルを作るとき、太い芯を選んでしまうと、すぐに燃え尽きるキャンドルになってしまうでしょう。

したがって、小さなキャンドルを作る際には、細い芯を選ぶようにしましょう。

色を混ぜすぎないこと!

欲張って多くのカラーを混ぜてしまうと、外観にまとまりがなくなってしまいます。そのため、小さいキャンドルの場合、その大きさに合わせて色の配色を考えるようにしましょう。

キャンドル作りが初心者の方は、単色から始めると良いでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングのキャンドル講座を受講しよう!

諒設計アーキテクトラーニングの「キャンドルデザイナーW資格取得講座」を受講することで、小さいキャンドルはもちろん、大きなキャンドルまで、さまざまな種類のキャンドルが作れるような知識とスキルを学べるようになっています

それに加え、日本デザインプランナー協会主催の「キャンドルデザイナー」と、日本インストラクター協会主催の「キャンドルアーティスト」の2資格取得も目指せる講座内容となっています。

初心者の方でもオリジナルキャンドルが作れるレベルまで上達可能なように、教材に付属品がセットでついてきます。

実際にテキストに沿ってキャンドル制作することを通して、しっかりと技術が学べるよう工夫されている魅力的な講座となっています。この機会に講座を受講し、キャンドル資格取得の取得を検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

小さなキャンドルを作る際には、その大きさに合った芯選びと配色選びがポイントです。これらを押さえて、魅力的なキャンドルを作ってみましょう。

さらに詳しくキャンドル制作について学びたい方は、諒設計アーキテクトラーニングの「キャンドルデザイナーW資格取得講座」の受講がおススメです。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

キャンドルデザイナーW資格取得講座