資格を生かして働くには?

資格を生かして働くには?

ストレス社会で生活している現代人にとって、癒しやリラックス効果を得ることができるキャンドルは、必要不可決と言えるようなアイテムです。

そのため、近年オリジナルのキャンドルを作り楽しんだり、キャンドルを本格的に学ぶために資格取得を目指している方も少なくありません。

では、キャンドル資格は仕事に活かせるのでしょうか?

キャンドル資格とは?

キャンドル資格にはいくつかの種類が存在しています。

その中でもおススメのキャンドル資格は、受験資格がなく誰でも自由に受験することが可能な日本デザインプランナー協会主催の「キャンドルデザイナー」と日本インストラクター協会主催の「キャンドルアーティスト」が好評です。

では、これらの資格はどのように仕事に活かせるのでしょうか?

オリジナルキャンドルを制作してキャンドル作家として活躍できる!

フリーマーケットやインターネット通販、また、ミンネやメルカリなど、ハンドメイド作品の専用アプリなどで、自分が制作したキャンドルを販売できるようになっています。

資格がなくても販売は可能ですが、資格を活かしアピールすることによって、売り上げアップへつなげることが期待出来ます。なぜなら、お客様の多くは、資格を保有している人に対し、比較的安心感や信頼感を抱くことが多いからです。

つまり、資格を上手にアピールすることで、キャンドル作家として成功へと導くことも可能でしょう。

講師や会場デザイナーとしても資格を活かせる!

資格を活かし、カルチャースクールやセミナーなどで、講師としてキャンドルの魅力を伝えることも可能です。また、キャンドルの制作方法についても教えることができるでしょう。

キャンドルをデザインし、さまざまな種類のキャンドルを制作することで、会場デザイナーとして会場の装飾という仕事にも資格を活かすことも出来るでしょう。

最近、イベント会場や展示会などでキャンドルを灯すことが注目されているので、今後ますます需要が伸びることが予想されます。

この機会に、キャンドル資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?

まとめ

キャンドルデザイナーとキャンドルアーティストの2資格は、諒設計アーキテクトラーニングの「キャンドルデザイナーW資格取得講座」を利用することで、効率よく試験勉強を進めることが可能です。

初心者の方でも安心して受講できるよう、カリキュラムが効率的に構成されているため、誰でも楽しく学べます。まずは諒設計アーキテクトラーニングへ無料の資料請求をしてみましょう。

キャンドルデザイナーW資格取得講座